当前位置: 芸能网 > 韩国芸能 > 正文

见世物小屋简史

2018-12-19 18:26 10

 世界很大,一半是光明,一半是隐秘 

 那些隐秘的故事我们一起探索 

見世物小屋(みせものごや)は、珍奇さや禍々しさ、猥雑さを売りにして、日常では見られない品や芸、獣や人間を見せる小屋掛けの興行である。

见世物小屋是以奇珍、不祥、庸俗杂乱为卖点,表演平时很少会看到的人类及野兽艺术节目的戏棚。

時代が下るにつれ、主に奇異な外見に重きを置いている点でサーカスと区別されており、海外では「フリークショー(Freak show)」の名称が用いられている。人の集まる場所で行われた見世物の小屋掛け興行。寺社境内で行われた。

在当今时代,它与主要以奇珍外表为重点的杂技有有所不同,在海外则被称为“Freak show(畸形秀/怪奇秀)”。在人众人聚集之处锁进行的见世物小屋。在寺院神社进行。

日本の見世物の歴史は『散楽』といわれるものでバラエティに富む内容だった。そこから猿楽(能)が独立した存在となり、歌舞伎も江戸初期に別種の存在となると、これらの芸能からは見世物的毒気が抜けていった。江戸時代の頃には、今で言うところのサーカスや美術館、動物園、パフォーマーなどの要素を含んでいた。

日本的见世屋小屋在历史上最早是一种被称为“散乐”,内容非常丰富的节目。后来猿乐(能剧)独立成为了一种传统艺术,江户时代初期的歌舞伎逐渐发展出了独具一格的风格,这些传统艺术对见世屋小屋产生了极大的影响。江户时代的见世屋小屋也包含有现代的美术馆,动物园、表演家等元素。

さらに各演目が独立してゆき、また文明開化により撃剣、パノラマ、迷路、蝋管レコード屋、電気仕掛け→初期の映画などの新たな要素を取り込みながら、明治時代以後に今の形態の見世物小屋に近づいていく。昭和30年頃までは、寺社のお祭や縁日に小規模な露店と共に、見世物小屋も盛んに興行されていた。

而又由于各个演出节目开始独立,文明开化时期受到击剑、全景画、迷宫、留声机、电器设备、早起电影等新鲜要素的影响,在明治后期逐渐形成了现在的见世屋小屋。昭和30年以前,见世屋小屋与寺院的祭典和节日的集市等一起受到了广大日本国民的欢迎。

「お代は見てからで結構だよ。さあさあさあさあ入って入って、間もなく始まるよ〜」といった、業界内で「タンカ」と呼ばれる呼び込み口上があり、一種の風物詩として、見世物小屋が盛んだった時代を描くドラマなどにも登場する。 見世物小屋は香具師の1ジャンル「タカモノ」でもあり、同様に「藪」と呼ばれるお化け屋敷の興行もタカモノ打ちのバリエーションとして打たれた。

“门票可以先看后买哦。快来吧,快来吧,快来吧,马上就要开始了哦”这种在业界被叫做“短歌”的吆喝声,成为了一种别样的风趣诗,在描绘见世屋小屋盛行时代的电视剧中也有出现。见世物小屋是一种“演出形式固定化的歌舞伎狂言”,另一种被称为“薮”的鬼屋表演也通过改变固定化的演出形式,得到了一定的发展。

現在では、興行場所を確保しづらい、風俗の変化により世間が許容しない等の理由で、大きく衰退している。2000年代には入方勇が大寅興行社から独立し新たに入方興行社を立ち上げたが、興行主が亡くなったことにより廃業。このジャンルを興行するものは現状で大寅興行社の1社のみとなり、もはや風前の灯とも言われる。近年では劇団のゴキブリコンビナートやデリシャスウィートスなどとコラボレーションして興行している。

当代社会,由于演出场所无法确保,民俗民风发生变化导致社会对于这种传统表演的接受成程度降低,见世物小屋已经收到了极大的衰退。2000年左右,入方勇先生从大寅兴行社独立,创立了入方兴行社,但入方先生的逝去导致最后也就不了了之了。这个流派目前日本国内就仅剩下大寅兴行社一家,已经说是即将消逝的流派了。近年来,与gokiburikonbina剧团及derisyasweets剧团一起进行演出的情况比较多。

実物を見る機会は大幅に減り、希少な物となったが、興味の対象として人目に晒されることは「見せ物にする」と表現され、その精神性は未だに通じる物となっている。

虽然说能够亲眼看到的机会大大减少成为了一种稀有物,但是为了能够使真正喜欢这一传统表演的人能够继续欣赏,所以也没有进行太大的变化,其精神还是保留了下来。

先述の通り、奇異な外見を観客が好む傾向にある為、一目見てその特徴が把握できるものが主演を担うことが多いとされる。 上記の「25インチのトム将軍」等はその名前の通りの低身長であり、一般的な知性・運動能力は備えていたため、 数多くの身体的特徴を有する演者の代表として公演の中心に存在していた。

刚才也给大家提到过,见世物小屋是一种以外观博观众好感的表演,所以一般能担任主角的都是一眼能够看清特征的。比如说上面提到的“25英寸的汤姆将军”等正如其名字一样,身高较矮,且具备一定的知性及运动能力,因此一般也演出中也会以许多身体带有相关特性的演员为中心进行表演。

また、その特徴は生者だけにとどまらず死者も対象になっているケースもあり、先述のフリークショー興行主のバーナムを例に挙げると死産した結合双生児の標本の収集・展示を行っている。

此外,这个特征也不光是活着的人,可能能是死了的人物。比如说我们可以用之前提到过的畸形秀经理人巴纳姆菲尼斯泰勒来举例,他使用了夭折的双胞胎制作标本,并进行了展示。

中国では、戸の節穴から性交を見せる見世物や、人間の皮膚を剥いで動物の毛皮を植え付けた熊男、嬰児の頃に箱に入れて十数年育てた小男の背に作り物の羽根をつけた蝙蝠(こうもり)の見世物(蝙蝠は蝠の字が福の当て字で縁起がいいとされ非常に流行った)などがあったが、1920年代後半にグロテスクな見世物は禁制となった。

在中国曾经有过从门洞中偷窥交欢的见世物以及剥下人类的皮并植上动物皮毛的熊人,在婴儿时期就被丢入箱子培养数十年后变成悲伤长羽毛的蝙蝠的见世物(因为蝙蝠的蝠和福气的福是同音,所以当时极其流行),但由于在1920年左右猎奇见世物被禁止导致人们的关注度下降。

奇形の子供や性行為を覗き穴で見せるなど、文字通り何でも見世物にした。倉田喜弘によると、横浜で『ジャパン・ヘラルド』の主筆を務めたブラック(快楽亭ブラックの父)が1872年(明治5年)に皇居近くの神田橋周辺にあったむしろがけの小屋で「ウサギの死体を食いちぎる子供」なる見世物を見たことをきっかけとして、同年11月8日に東京府が「違式詿違条例」(今の軽犯罪法にあたる)を布達した。内容は主に、男女相撲の禁止、蛇遣いなど醜態を見世物にすることの禁止、夜12時以降の歌舞音曲禁止、路上における高声の歌の禁止などである。また翌1873年(明治6年)2月には、よしず張りや床店の大きさを定めた。

日本的见世物由畸形的孩子、偷窥性行为的小孔等为主,或者是如文字所述什么都有会。具仓田喜弘先生说,在横滨担当《Japan Herald》编剧的布莱克(快乐亭布莱克之父)在1872年(明治5年)在皇居附近神田桥周边的小屋中看到《吃兔子实体的孩子》这一事件为契机,在同年11月8日东京府正式颁布了《违式诖违条例》(类似现在的轻犯罪法)。内容主要为禁止男女相扑,禁止在见世物中出现舞蛇等,禁止在晚上12点以后进行歌舞,禁止在路上大声唱歌。并在1873年2月规定了小摊的大小等。

また、東京では1891年(明治24年)10月3日の警察令第一五号「観物場取締規則」により、興行場所を浅草公園六区(浅草奥山のすぐ隣りの地区)の一箇所にまとめられた。地方では巡業形態が続いた。時には、誘拐された子供が人身売買で、足の筋を切られた被虐的な道化役や、見世物として覗き穴の娼婦にするために売り飛ばされてきた例もあったという。社会福祉が発達していなかった頃には、身体障害者が金銭を得る為の仕事であり生活手段の一つでもあった(中村久子など)。

此外,1981年10月3次警察令第15号《观物场取缔规则》中,将东京的表演场所规划到了浅草公园6区(在 浅草奥山复印的地区)。但地方的场所并没有所详细规定。有时也会出现诱拐的小孩被贩卖,脚筋被挑断后饰演滑稽演员,或者是被用于偷窥的娼妇等等。在当时社会福祉并没有现在这么发达,这也成为了残疾人维持生计的一个工作(中村久子等)。

しかし1947年(昭和22年)に『児童福祉法』が公布され、曲芸に重きを置くサーカスと同様に見世物小屋でも「公衆の娯楽を目的とした業務」に満15才未満の児童を使用する事が禁止された。1960年(昭和35年)には『障害者の雇用の促進等に関する法律』が施行され、検査に応じない・公の認可のない見世物小屋に対しての罰則・摘発が可能となり、更に1970年(昭和45年)施行の『障害者基本法』によって障害者に対し個人の尊厳の尊重と生活を保障される権利。について明確に規定された結果、昭和50年代以後には、前述の法令に基づいた「不適当な環境」を理由とした未認可状態で身体障害者を舞台に出演させて見世物とする事などに対して取締りが行なわれるようになった。

但是,自1947年颁布《儿童福祉法》后,与杂技一共被判定为曲艺的见世物小屋也划入了“以娱乐公众为目的的业务”的范围中,这使得不满15岁的儿童就不得进行相关的工作。随着1960年的《关于促进残障人士就业的法律》实施,可以对未受审核或是没有获得许可的见世物小屋进行处罚或者取缔。1970年实施的《残障人士基本法》中明确规定了要给与残障人士尊重以及生活保障的权利。接着,昭和50年代后可以按照上述法律以“不适当的环境”为理由终止没有获得许可单位让残障人士在舞台表演见世物。

主な見世物は以下である。なお、現在では興行されていない見世物も含む。

主要的见世物如下,下列内容也包含目前已经没有进行表演的见世物

貝細工の見世物(江戸期にはこれが代名詞的存在だった。動きの無い静物)

へび女(例:体に蛇を巻きつけたりかじりついたりする、蛇の入れ墨)

タコ女・タコ娘

だるま女(手足が無い)

奇形動物(珍獣)・ 双頭の動物

生人形(松本喜三郎・安本亀八の作が全国を巡業した。後の菊人形につながる)

精细制作贝壳的见世物(江户时代这个是见世物的代名词。不动的静物)

蛇女(比如说将蛇缠在身上,或者是蛇的纹身)

鱿鱼女·鱿鱼娘

达摩女(没有手脚)

畸形动物(珍兽)·双头动物

生人形(松本喜三郎与安本龟八的作品在全日本进行了表演,为后期的菊人形打下基础)

見世物の演目として珍獣を見せることも行なわれた。珍獣の見世物は江戸時代、寛永年間ころに猪、孔雀を見せたのが最初であると言われている。虎や狼、鶴、鸚鵡などに曲芸をさせることは、寛文年間ころからあった。

展览珍兽也是一个见世物的演出节目。在江户时代宽永年间展览的猪与孔雀被认为是最初的珍兽见世物。让老虎、狼、鹤、鹦鹉等进行曲艺表演侍从宽文年间开始的。

生類憐れみの令によって一時はこの種の見世物が下火になったが、享保2年に禁が解かれると再び流行した。以後、八頭八足の牛、三本足雞といった奇形の動物、獏や鯨、ガラン鳥、インコ、雷獣、山嵐、駝鳥、水豹、白牛といった輸入動物の見世物もあった。文政4年の駱駝の登場は大変な人気を博し、梁川星巌はそれを見て作詩し、その詩が文人間で愛唱され、その意味で、夫婦が一緒に歩くことを「駱駝」と言うようになったことは頼山陽の書簡に見られる。珍獣の展示は浅草の花屋敷で常設化され、今の動物園につながっていく。

对于生物的同情曾经一度使得这种见世物淡出世间,但随着亨保2年的解禁,又再次开始流行。在这之后八头八角的牛、三只脚的鸡以及印度貘、鲸鱼、鹦鹉、鸵鸟、犀牛、雷兽等外国动物也成为了见世物。文政4年鸵鸟的出现博得了大多数人的眼球,梁川星严看到以后为其做了一首诗,这首诗在文人们之间广为流传,在赖山阳的书简中也记载到当时将一对夫妇一起走路称为“骆驼”。珍兽的展览在浅草的花屋敷常设,对后来形成动物园有着巨大影响。

天保年間には豹、白狸、六足犬、岩獅子、火喰鳥などの見世物もあった。

天保年间出现了豹子、白狸、六足犬、岩狮子、火食鸟等见世物。

この他、大きな板に血糊を付けた物を大イタチ、大きな穴に子供を入れて大穴子と称する駄洒落や、猿、犬、鯉などの遺体を組み合わせて作り上げたものを、鬼や河童、龍、人魚など伝説の生物のミイラとして見せることもしていた。これらは常設化され秘宝館となる。

此外。还有将沾有血的板称为大鼬鼠、大洞中放入孩子称为大穴子的日式冷笑话。以及猴子、够、与等尸体组合做成鬼、河童、龙、人鱼等传说中生物的木乃伊。这些后来就成为了秘宝馆。

近代に入り、外国からの動物の輸入機会の増加・万国博覧会に伴う動物園人気に伴って珍獣をメインに取り扱う見世物小屋も大正~昭和にかけて増加したが、太平洋戦争を前に動物達の脱走・飼料の確保の困難さから殺処分される例が後を絶たず、終戦後も『ワシントン条約』に代表される国際的な希少動物取引の規制、動物愛護の機運の高まりによる愛護団体の反対活動に伴い、動物をメインとした見世物については表舞台からは姿を消しつつある。

近代,外国进口动物变得方便,又召开了世博会。因此在大正至昭和期间动物园的人气急速上升,以珍兽为主题的见世物小屋也随之收到了大家的欢迎。二战期间由于无法保障动物们的食物,并为了防止动物们逃脱造成不必要的麻烦。经常会发生直接杀掉的情况。战后华盛顿条约中加入了对国际性濒临灭绝动物的交易限制,以及爱护动物的意识觉醒,爱护动物的团体不断进行反对运动,以动物为主的见世物就消失在了历史的舞台。

欢迎 发表评论:

Copyright © 2018 芸能网