当前位置: 芸能网 > 芸能资讯 > 正文

进公司就能见明星?日本电视台的“入社仪式”是这样的

2018-11-13 06:40 3

テレビ局や大手企業の入社式に今年もさまざまな芸能人が登壇し、そのことがニュースにもなった。テレビ局では慣例化し、視聴者には食傷気味の感も。その一方で、この春は初めてネット放送局の入社式に芸能人が姿を見せた。これは、何を意味するのだろうか…。

今年,日本的电视台和大型企业的入社仪式又邀请了各路艺人登场,这件事也成为了新闻。此举在日本的电视台已经成为惯例,观众们对此也感到些许腻味。另一方面,今春在日本网络电视台的入社仪式上也首次有艺人现身登场。这意味着什么呢?……

△今年在日本各大电视台、企业入社仪式上登场的艺人名单汇总

237人の新入社員から黄色い歓声があがった。服飾雑貨大手のサマンサタバサジャパンリミテッド(東京都港区)の入社式に、俳優の新田真剣佑(まっけんゆう)さん(21)がサプライズ登場し、頬を紅潮させた新入社員らにあいさつしたのだ。

237名新入社员发出了热烈的欢呼声。在主营服饰、杂货的大型企业 · Samantha Thavasa Japan Limited(位于东京都港区)的入社仪式上,男演员 · 新田真剑佑(21岁)作为特别嘉宾登场,为面带红晕的新入社员们带来了问候。

新田さんは同社のCMキャラクターを務めており、広報担当者は「新入社員に喜んでもらうため、入社式には10年以上前から、その時々でご縁のある芸能人をお呼びしている」と明かす。

新田目前正担任该公司的广告形象代言人,负责该公司宣传业务的工作人员表示,“为了让新入社员们开心,我们自10多年前起,就常常请与我司有关联的艺人参与我们的入社仪式”。

芸能人を入社式に呼ぶことは、企業にとってステータスのひとつになっている。上智大学の碓井広義教授(メディア文化論)は、「会社の内部イベントに人気芸能人が登壇することで報道陣を集め、大手企業らしさを演出できる」と指摘。さらに「芸能人を呼ぶことができる会社に対し、新入社員の胸に『すごいぜ、うち』という社員としてのプライドが生まれる効果がある」と話す。碓井教授によると、その効果を最大限に利用し続けているのが、芸能界と密接な関係があるテレビ局だという。

将艺人请到入社仪式来,对企业而言已经成为一种展示社会地位的手段。上智大学的碓井广义教授(媒体文化论专业)指出,“公司的内部活动有人气艺人登场,就会吸引媒体到场采访,同时还能展现大型企业的风范”。同时,他还表示“对于能够邀请艺人到入社仪式现场的公司,新入社员心中会产生‘我们公司好厉害’的想法,达到激发社员产生自豪感的效果”。据碓井教授表示,能够将这一效果最大限度地持续利用下来的,就只有与娱乐圈拥有密切关系的电视台了。

放送業界の入社式は、芸能人の参加がもはや「慣例」化している。今年も日本テレビを除く在京キー局とNHKで、それぞれの番組に出演する芸能人が姿を見せた。テレビ東京では、放送12年目のバラエティー番組「モヤモヤさまぁ~ず2」(日曜夜6時半~)を出演するお笑いコンビ「さまぁ~ず」。担当者は「テレビを通して見ていた出演者と間近で接することで、新入社員にテレビマンになる喜びと責任を感じてもらいたい」と話す。

广播业界的入社仪式上,艺人的参加几乎也都“惯例化”了。今年,除了日本电视台之外,在东京的主要民放电视台和NHK电视台的入社仪式上,都邀请了出演各自电视台所属节目的艺人登场。东京电视台邀请的艺人,是出演已进入播出第12年的综艺节目《MOYAMOYA Summers 2》(每周日晚6点半~播出)的搞笑组合“Summers”。负责人表示,“让大家近距离接触到平时通过电视看到的出演者,希望新入社员们能由此感受到成为电视人的喜悦和责任感”。

TBSテレビでは、嵐の二宮和也さん(34)。新入社員にエールを送るとともに、主演の日曜劇場「ブラックペアン」(22日夜9時スタート)をそつなくアピール。テレビ朝日では、新ドラマ「未解決の女 警視庁文書捜査官」(19日夜9時スタート)から、女優の波瑠(はる)さん(26)らが入社式に現れた。

TBS电视台今年入社仪式邀请的艺人,是岚成员二宫和也(34岁)。二宫在现场除了为新入社员送上了应援,还顺势宣传了其主演的周日剧场日剧《黑色止血钳》(22日起晚9点开播)。朝日电视台方面,则是邀请该台新剧《未解决之女 警视厅文件捜査官》(19日晚9点开播)的出演者女演员·波瑠(26岁)等人登台。

芸能人が登場する入社式が春の風物詩になっていることについて、ネット上では「調子に乗っているとしか思えない」「うらやましがれってこと?」などの声も挙がっているが、局側にとっては、新入社員に対して愛社精神を育むパフォーマンスができるとともに、出演番組の宣伝もできるとあって一石二鳥。今後も「テレビ局の入社式=芸能人が参加」という構図は続くだろう。

邀请艺人在入社仪式登台,如今已像是春季必定会出现的景物一般。对于这一现象,有日本网友表示“只觉得他们这是得意忘形”、“想让我们羡慕你们吗?”等看法,而对于电视台一方来说,这样不仅可以对新入社员的爱社精神进行培养,还可以顺带宣传艺人出演的节目,是一种“一石二鸟”的做法。今后,“电视台入社仪式=艺人参加”这样的构图还是会继续维持吧!

テレビ局の慣例に追随するように、今年はスマホ向けのネット放送局「アベマTV」を保有するサイバーエージェント社も、俳優の三浦翔平さん(29)を入社式に招いた。三浦さんは、同社の藤田晋(すすむ)社長(44)の自伝をベースにしたアベマTVオリジナル連続ドラマ「会社は学校じゃねぇんだよ」(21日夜10時スタート)の主演。藤田社長や新入社員と一緒にドラマタイトルの看板を掲げながら記念撮影を行った。同社の広報担当者は「エンターテインメントを提供する会社として、今年初めて芸能人を呼んだ」と話す。

仿效电视台的惯例,面向手机开设的网络电视台“AbemaTV”的经营权持有方 · CyberAgent公司,今年也邀请了男演员 · 三浦翔平(29岁)参与入社仪式。三浦主演了以该公司社长 · 藤田晋(44岁)的自传为基础诞生的AbemaTV原创连续剧《公司才不是学校呢》(21日晚10点开播)。藤田社长和新入社员一起为该剧标题的看板进行了揭幕,并拍摄了纪念照。该公司的宣传负责人表示,“作为提供娱乐内容的公司,今年我们也第一次在入社仪式中邀请了艺人”。

碓井教授は、「ネット放送局も入社式に芸能人を呼ぶことで、『オレたちもテレビ局だぞ』というアピールをはじめた」と分析する。仮に放送とインターネット通信との垣根をなくす放送制度改革が進めば、さまざまな事業者がテレビ局の放送設備を使って番組を流せるようになり、既存のテレビ局が地上波チャンネルを独占する時代は終わる可能性もある。ネット放送局を保有する同社が入社式に芸能人を呼んだことは、もしかしたら地上波チャンネル参入への意欲の表れ、あるいはそんな未来図の先取りといえるのかもしれない。

碓井教授分析道,“连网络电视台都在入社仪式中请来艺人,说明他们也开始宣传‘我们也是电视台哦!’这样的讯息”。假如今后的广播制度朝着消除电视台和网络通讯之间阻隔的方向迈进,那么各类事业的人们都能利用电视台的广播设备播出节目,原有电视台独占地上波频道的时代也有可能会结束。持有网络电视台经营权的CyberAgent公司在入社仪式中邀请艺人来,或许就是在表现他们打算加入地上波频道的意向,亦或是抢先铺开这样的未来蓝图吧!

欢迎 发表评论:

Copyright © 2018 芸能网