当前位置: 芸能网 > 其他芸能相关 > 正文

小栗旬:身材追求到极致的演员魂

2018-10-23 14:26 13

その肉体は、雄弁だ。彼を見ていると、役者にとって大切なものは、顔でも演技力でもなく肉体だと思えてくる。全身で演じる役者・小栗旬は、己の肉体をとことんまで追い詰め、役に染まっていく。

这一肉体,胜于雄辩。看到他的时候,就觉得对于演员来说重要的不是脸也不是演技,而是肉体。用自己的全身来演出的演员·小栗旬,将自己的身材活用到极致,染上角色的印记。

舞台で痛感したスタミナのなさ

在舞台上痛感自己持久力不足

緊張感の漂うスタジオに3つの音だけが響き渡る。動作前の「シュッ」という呼吸音、拳や足がミットをとらえる「バシン!」という衝撃音、そしてその瞬間をとらえようと構えたカメラのシャッター音。そのたびに、彼の長い手足が華麗に宙を舞い、その無駄のない、流れるような肉体の動きに目を奪われる。小栗旬は単なる二枚目俳優ではない。彼の魅力を感じるのに、リビングのテレビは少し小さすぎる。そのダイナミックで雄弁な肉体にふさわしいのは、おそらく舞台であり、映画の大きなスクリーンだ。

弥漫着紧张感的摄影棚中只能听到三个声音在回响。动作前“咻”的呼吸声、拳脚挡住对方手套的“梆梆”的冲击声、还有就是为了捕捉下这一瞬间的相机的快门声。每当这个时候,他那修长的手脚在空中华丽地挥舞,丝毫没有多余的动作,他那流线般的肉体舞动时的身姿夺人眼球。小栗旬不仅仅是帅哥演员。要感受他的魅力,只是客厅的电视屏幕还是太小了。与他那胜于雄辩的肉体相称的,恐怕得是舞台,也就是电影那种巨大的荧幕吧。

「理想の肉体? うーん……それはよくわからないですね。求める体は、そのとき演じる役によって変わりますから。しいていうなら、どんな役にも応えられる、役者として戦うための肉体が理想でしょうか」身長184センチ、長い手足に小さな顔。服を着ているととてもスリムに見えるが、ひとたびジャケットを脱ぎ、衣装が薄くなればなるほど、鍛え上げられた肉体があらわになっていく。肩や胸は大きく盛り上がり、腹回りは引き締まっている。袖から伸びる腕は驚くほどに太く、Tシャツの背中には筋肉の筋が浮かび上がっている。かといって、ボディビルダーのような見せるための筋肉をつけた体でもない。美しさと強さの両方を兼ね備えた、役者ならではの肉体だ。

“理想的肉体?嗯……这我不太清楚诶。我所追求的身材是会根据那个时期所饰演的角色改变的。非要我说的话,我理想的肉体就是无论哪种角色都能够适应,为了作为一个演员而战斗的肉体吧。”身高184cm,修长的手脚以及小脸。穿衣显瘦,一旦脱掉外套,衣服越薄越能展现他那经过锻炼的充满肌肉的身材。肩膀和胸肌健硕,腹部周围十分紧实。从袖子中伸出来的胳膊粗到令人吃惊,隔着T恤的后背肌肉的线条都将衣服撑了起来。尽管如此,但也不像健美人士那样为了向别人展示而锻炼肌肉的那种身材。而是兼具美丽和强壮,只有演员才具有的肉体。

10キロ程度はコントロールできる

10千克程度的话是可以控制的

「子どものころからスポーツはやっていましたが、それほど得意なほうではありませんでした。運動神経のいい人って、何でもやったらすぐできちゃうじゃないですか。芸能界に入ると、そういう人たちがゴロゴロいるんですよ。そのなかだと僕は、中の下くらいだと思います。若いころは、トレーニングをしてもなかなか筋肉がつかず、自分にはあまり向いていないと思っていました。でもいま思えば、きちんとしたトレーニング法がわかっていなかっただけ。そこまで必要だとも感じていなかったので、がんばりきれなかったんでしょうね」

“我小时候就一直在做运动,但是并没有那么擅长。运动神经好的人不是做什么都立刻就能做好嘛。进入娱乐圈之后,这样(运动神经好)的人比比皆是。在这当中,我大概是处于中下的水平吧。年轻的时候,我就算是锻炼也没什么肌肉,曾觉得自己不适合(锻炼肌肉)。但是现在想想,当初我只是没有掌握正确的锻炼方法而已。大概是当时没有像现在这样感觉到锻炼肌肉的必要性吧,所以没有尽全力。”

20歳のころの体重は約60キロ。華奢で繊細な雰囲気が人気を呼んでいた。もし彼がそのままの肉体だったなら「テレビでよく見る若手俳優」の枠を超えることはなかったかもしれない。だが、小栗は自らの手でその枠をこじ開けていく。転機になったのは、ある舞台作品だった。「舞台をやっていると、それ自体がトレーニングになって、演劇的な体力がついていく。だから20歳代前半は、トレーニングの必要がなかったし、芝居をしていてもしんどいと感じることはありませんでした。このままじゃマズいと思ったのは、2011年に『髑髏城の七人』という作品に出演したとき。刀を持っての立ち回りは無酸素運動なので、スタミナがないとできない。しかもあの作品では、立ち回りの途中の呼吸をするタイミングに長い台詞があった。求められたハードルの高さは、想像以上。自分のスタミナのなさを痛感しました」

20岁的时候体重大约是60kg。他那纤细苗条的氛围让他极具人气。也许他要是一直都是那种身材的话,是不会超越“在电视经常看到的年轻男演员”的这道门坎的。但是,小栗旬用自己的手撬开了这道门槛。转机是一部舞台作品。“演舞台剧的话,这本身就是一种锻炼,给自己增加演戏的体力。因此,在20代前半的时候,没有锻炼的必要,就算是演戏也没有感受到过艰辛。觉得这样下去不妙是在2011年出演《骷髅城的七人》这部作品的时候。因为拿着刀搏斗是无氧运动,没有耐力的话是不行的。而且在那部作品当中,在搏斗途中呼吸的时候有一段很长的台词。难度水平之高超出想象。我深切地感受到自己持久力不足的问题。”

そこから、役者としての仕事をまっとうするためのトレーニングが始まった。「役者という仕事を理解して、それに合わせたメニューを考えてくれるトレーナーと出合ったことで、肉体をコントロールできるようになりました。役が決まるたびに必要な体を一緒に考え、それを実現するためのトレーニングを行っています。僕がやっているのは、決して最先端の理論に基づくトレーニングではありません。近所の公園で階段ダッシュとかしますし(笑)。どれも地道なものばかりですけど、自分にはすごく合っていると思います」

从那时之后,为了认真完成演员这份工作开始了锻炼。“因为我遇到了一个理解演员这份工作,并为我考虑适合的锻炼套餐的教练,所以我现在能够控制自己的身材了。每一次角色决定了的时候就会将这个角色所必要的身材一起考量进去,然后进行为了实现这个目标的锻炼。我做的绝不是基于最先进的理论而进行的锻炼。我还会在附近的公园里面冲刺爬楼梯(笑)。无论哪一个动作都是一些最基本朴素的东西,但是我觉得非常适合我。”

『髑髏城の七人』は、昨年6年ぶりに再演された。主役を演じる小栗は、ひたすら駆けまわり、刀を振りまわす。初演のときは、熱演ぶりが際立っていたが、6年経った昨年の舞台では、若いころにはなかったキレと安定感を感じた。これも長年続けてきたトレーニングの成果なのだろう。彼は、現在も週5回1時間のトレーニングを欠かさない。役にあわせるだけでなく、ときには1シーンのために腕や背中などパーツを鍛えることもあるという。さらに半年前からは、「下半身の動きを身につけたい」という思いでキックボクシングのジムにも2日に1回のペースで通っているという。しかし小栗は、いわゆるアクション俳優ではない。役によっては、体を細くしたり、大きくしたりということも求められる。

《骷髅城的七人》去年时隔6年再次上演。饰演主人公的小栗旬不断地奔跑、不断地挥刀。首次出演的时候,热情表演的样子非常显眼,在经过了6年的去年的舞台上,让我们感受到了年轻时没有的安定感。这也是常年以来持续锻炼的成果吧。他,现在也不能少了每周5次的1小时锻炼。不仅是为了配合角色,有时也会为了一个镜头去锻炼胳膊和后背等部位。更有甚者,从半年前开始,因为有“想要增加下半身的敏捷度”的想法,所以以每两天一次的频率去泰拳健身房健身。但是小栗旬并不是所谓的武打戏演员。他追求的是能够根据角色,将身体变瘦,变壮。

「体重は、73~74キロがベストですが、プラスマイナス10キロ程度は、コントロールできます。映画『ルパン三世』(2014年)のときは、役のイメージに合わせるために食事をひたすら制限して、体重を65キロまで絞りました。普段は、好きなものを好きに食べているので、食事制限はかなりキツいですね(笑)。逆に体重が増えたのは、昨年出演したドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のとき。かなり体をつくりこんで、78キロまで増えていました。撮影が始まる1年前くらいから格闘技の練習を始め、同時進行で下半身強化を目的に、サーキットトレーニングを続けていました。ケトルベルという16キロのダンベルを使ったメニューを数種類、そのあと懸垂、腕立て伏せ、さらに縄跳び。これをインターバル15秒で1日3セット。このトレーニングのおかげでスタミナがつき、体重は増えていたのにとても軽く感じる。現場でどれだけ動いても疲れを感じることはありませんでした」

“体重在73~74kg是最佳的,但是上下10kg程度的话我是可以控制的。在电影《鲁邦三世》(2014年)的时候,为了配合角色的形象我一个劲儿地控制饮食,将自己的体重减到了65kg。一般,我遇到喜欢的东西就会放开吃,所以限制饮食这件事非常艰辛啊(笑)。相反地增加体重的是在去年出演电视剧《CRISIS 公安机动搜查队特搜组》的时候。锻炼肌肉超级猛烈,体重增加到了78kg。在拍摄开始前1年左右开始了格斗的练习,在这之后还做了引体向上、俯卧撑,更者还有跳绳。(这3种运动每种)间隔15秒,一天做3组。多亏了这种锻炼让我增加了持久力,尽管体重增加了却感觉到很轻盈。在拍摄现场无论怎样移动都没有感觉累过。”

ニセモノには見られたくない

(肌肉)不想被人看做是假的

彼がここまでストイックに自分の肉体をつくる裏には、仲間であり、ライバルでもある同世代の役者たちの存在がある。「すごいなと思うのは、岡田准一さん。彼は、格闘技のインストラクターもできるほどの”本物”。役のために時間をかけて肉体をつくり、動きを身につける。だからプロから見てもまったく違和感がないんです。もうひとりは、役によってどんどん体をつくりかえる鈴木亮平。ストイックに役づくりする姿には、刺激を受けます。本気で役づくりをしてない役者が彼らの隣に並ぶと、ニセモノに見えてしまいますからね」

他在如此严格地锻炼自己的肌肉的背后,有一些既是伙伴也是对手的同时代的演员们存在。“觉得特别厉害的是冈田准一。他是甚至能够担任格斗教练的‘货真价实的格斗家’。会为了角色而花时间去锻炼肌肉,增加灵活性。因此就算是从专业的角度上来看也毫无违和感。还有一个人就是根据角色不断改造自己身材的铃木亮平。看到他严格地塑造角色的样子,我也受到了激励。因为一旦并不是认真地塑造角色的演员站在他们旁边的话,就会被看成是假货。”

画家がキャンバスに何度も絵の具を塗り重ねていくように、彼は自らの肉体を進化させ、次々と変化させていく。そのことをとても楽しそうに語る彼は、やはり根っからの役者なのだろう。

就像是画家在画布上用画笔不断地重叠涂抹,他也让自己的肉体不断进化,一次又一次地让它改变。非常开心地讲述这件事的小栗旬,果然是天生的演员。

欢迎 发表评论:

Copyright © 2018 芸能网